毎日、朝夕6時と正午の3回、美しい鐘の音が響いているのは、市指定文化財「時の鐘」です。

寛文11年(1671)に岩槻城主阿部正春によって設置されましたが、ひびによる不具合で享保5年(1720年)に改修されて以来、現在に至っています。

鐘つきは、藩の命を受け渋江町の名主が担当していましたが、明治になり藩制が廃止されると鐘つきを続ける仕組みが失われました。その後、大正時代に近隣の方の努力で再開し、平成時代に自動化されました。

現在も一日に複数回の時を知らせ続けているのは、上野寛永寺の鐘、川越の鐘、岩槻の鐘の3カ所だけ。この中でも岩槻の鐘が一番古いものだそうです。

------

岩槻駅東口をまっすぐ、2つ目の信号を左折し、渋江交差点を右折、50m先にあります。
駅から徒歩13分。