大正13年~昭和13年までの14年間、岩槻を走っていた武州鉄道。
廃線跡が武州鉄道の小径となっています。
小径の先には、浄安寺があり浄安寺前に線路が通っていた写真が岩槻郷土資料館に展示されていました。
当初、蒸気機関車だったようですが昭和3年には気動車(ガソリン車)になっています。
聞くところによると、田舎のバスのように駅以外でも手を挙げれば止まって乗せてくれたそうです。